HOME > Passion
About us

クオリティの追求

V マドロンセラーズを構えるにあたって、農業地質学者、醸造学者の手を借りて最高のワインづくりに相応しいナパヴァレーのセントヘレナ地区の土地を探し、手に入れ、ワイン造りを指揮するワインメーカーに、現在ナパヴァレーで活躍中の、経験、実績共に抜きんでた醸造家として知られているクリス・ディアデン氏を迎えました。 UC デイヴィス校で学んだディアデン氏は、最良のワイン樽を生産することで知られるセガン・モロー社での3 年間の実務に裏付けられた樽使いの精妙さと、フランスから南米まで14 年間に渡ってブドウ畑とワイン醸造家を訪ねる旅を続け身に着けた栽培の技術とワイン造りの全てをVマドロンに注ぎ込んでいます。

食とワイン

V マドロンセラーズのこだわりである『食事と共に楽しめる味わい深いワイン造り』 どんな素晴らしいワインでも、主張が強すぎればせっかくの食事の余韻がかき消されてしまいます。V マドロンセラーズのワインは、しっかりとした味わいながらも主張しすぎないテイストに仕上げています。
 その結果、2004 年の1stヴィンテージのカベルネソーヴィニオンがWine Enthusiast 誌で93 ポイントの高い評価を得てから今日まで、V マドロンセラーズの自社畑から生まれたカベルネソーヴィニオンをはじめ、プチシラー、ジンファンデル、カーネロス地区で育てられたシャルドネに至るまで、V マドロンセラーズの名前はナパヴァレーやサンフランシスコ、NY の名だたるハイエンドのレストラン業界で極めて優れた品質のワインを生産するワインメーカーとして認められています。その反対に日本では全くといって良いほど、V マドロンの名前は知られていないのが現実ですが、その理由は、最高の品質を追い求めるがゆえに妥協することなく、量より質を追求したことによる結果に他なりません。

ワイナリー

2009年に石造りのセラーを修復し、ワイナリーには常設のティスティングルームを設置しています。

歴史的建造物である石垣や柱、ナパ郡の歴史的名所であるVマドローン家畜小屋とワイナリー本邸や カリフオルニア州産スギ科常緑性の円形の大木(レッドウッド)と巨大なバレーオークのサンプルを保存し、開き戸には建築パットも準備しました。また修復 の際にはアメリカン・インディアンであるワッポー族が以前、作業用の舷側足場(この種族は矢じりといった道具を作るために、黒曜石の大半を「削った」)として使っていたこの場に考古学者が立ちあい、重要な考古学的発見がないか発掘調査のモニターも継続して行いました。

ワイナリー Map

V Madrone Cellars
3199 St. Helena Highway N. St. Helena, CA 94574

V Madroneの場所を見る >>

ブドウ品種

カベルネ・ソーヴィニヨン
世界で最も有名なブドウ品種。フランス・ボルドー地方を代表する赤ワイン用品種で、現在は世界中で栽培されています。 果皮が厚く、濃い色調とタンニンが得られ、酸や香りの成分も非常に豊かで、カシス、チョコレート、スギ、ピーマンなどのアロマを醸し出します。ボルドーにおいてはメルロやカベルネ・フランとブレンドされ醸造されることが多い品種です。

代表的な産地
フランス・ボルドー、イタリア、カリフォルニア、チリ、アルゼンチン、オーストラリアなど

シャルドネ
ブルゴーニュ地方の白ワイン用品種ですが、辛口白ワイン用品種として世界一の人気を誇り、現在は世界中で栽培されています。ブドウの持つ果実味に加え、樽発酵、マロラクティック発酵、バトナージュ、樽熟成の組み合わせによって、黄金色の色調、ヘーゼルナッツ、パイナップル、ハチミツのような香りを持った、ボディーのある魅力的な風味が生まれています。シャンパーニュをはじめ多くのスパークリングワインの原料としても有名です。

代表的な産地
フランス・ブルゴーニュ、フランス・シャンパーニュ、フランス・ラングドック、イタリア、オーストラリア、アメリカ・カリフォルニア、チリなど

プティ・シラー オールドヴァイン
カリフォルニアの固有品種。
プティ・シラーの特徴は、長寿、濃色なダークパープル、強靭なタンニン、ブラックベリーやブルバリーの香りのするエキゾチックでパワフルでワイン。ひとたび優れた生産者の手にかかると、例え難いエキゾチックな味わいに変貌するとてもミステリアスな品種でもあります。 なかでもVマドロンで使用しているオールドヴァインは、樹齢80〜100年という長い時を経た古木から収穫されたもので、とても貴重であるだけでなく、味に独特の深みがあります。 栽培方法や収穫時期の見極め、品種に適した醸造法の改善により、最近のプティ・シラー(Petite Sirah) は、とても興味深いワインを生み出しており、近年、ワイン・アドヴォケイト [WA] 誌に取り上げられるプティ・シラーの数は、決して少なくありません。Vマドロンではジンファンデルのブレンドパートナーなどとしても使用しています。 また、Petite Sirahと Syrah は、同じ‘シラー’ですが、英語のスペルが違います。ブドウの大きさも、プティ・シラーの方が小粒になり、より濃縮感があり、鹿や子羊などくせの強い肉系やベリー系ソースなど、味のしっかりしたお料理に良く合います。

ジンファンデル オールドヴァイン
ナパ・ヴァレーはカベルネ・ソーヴィニヨンとシャルドネが有名な産地ですが、上品なジンファンデルも造っています。ナパでは畑ごとに異なった土壌を持つことは珍しくなく、隣同士のワイナリーでも異なったスタイルのジンファンデルを栽培しています。多くのナパのジンファンデルは口の中で複雑な味わいを持ちつつ、しなやかな部分を兼ね備えており、ブラック・ラスベリーや柑橘類の香りするところが特徴です。
こちらもプチシラーと同じく樹齢80年〜100年の古木から収穫している大変貴重なワインです。

V Madrone Club

会員の皆様はナパヴァレーの希少ワイン“V Madrone”を
優先的にご購入頂けます。
52,500円以上のご購入で自動的にV Madrone Club会員にご招待致します。
皆様のご入会を心よりお待ちしております。



V Madrone Clubお申込はこちら >>
FAX又はご郵送での追加ご購入申込書 >>


クオリティの追求 >>

食とワイン >>

ワイナリー >>

ワイナリーMap >>

ブドウ品種 >>

V Madrone Club >>